« 私は日本人でありゴリラやチンパンジーであり | トップページ | 狐憑き日本、たぶらかされた末に捨てられる先は »

2001年7月27日 (金)

パウエルと真紀子氏、勘弁!ミスサイゴンの醜悪版


信じられないパウエルと田中外相のかくし芸。
おいおい、本音さらけ出し芸かよ(^^;)。
カウボーイとメキシコ娘という元ネタも、パウエルとアオザイを着た田中真紀子というリアルな
絵も両方ともにロコツそのもの。

ところでぼくはNHK朝の連ドラ「ちゅらさん」が大好きだったりする。
これは未来への志と夢のあるドラマなので。
あんな子はいないよ、とみんなにいわれる主人公の恵理ぃ。子どもの頃に死んだ兄との約束を
果たす為にずっと無関係に生きてきた恵理と結婚する文也。
おまえたち、結婚しろよ、といって死んでいく和也。
命が一番大事なんだよという、沖縄のおばあ。

沖縄の人間と本土の人間とが、死を媒介に幸福に共存できるのなら。そしてそのことがもたら
してくれるエネルギーや安らぎは、沖縄にも、本土にも、(そしてほかのいろいろな世界にも)
力を持つことができるのに。

そういう背骨がしっかり感じられて、そしてもちろん、面白い。

ドラマの中にはキジムナーが(演出上絵や声にして出さなくても)踊っている。

「寅さん」の世界はすでにない。「ちゅらさん」の世界だってない。
でも、それは「まだ」ないんだって、ぼくは信じたい。

ちゅらさん、美ゅらさん、と書く。

|

« 私は日本人でありゴリラやチンパンジーであり | トップページ | 狐憑き日本、たぶらかされた末に捨てられる先は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パウエルと真紀子氏、勘弁!ミスサイゴンの醜悪版:

« 私は日本人でありゴリラやチンパンジーであり | トップページ | 狐憑き日本、たぶらかされた末に捨てられる先は »