« いよいよ終末までの一走り、なのか日本の経済は | トップページ | 強い匿名面白い匿名ダメな匿名薄汚い匿名 »

2001年11月16日 (金)

秒読みでしょうか日本経済


自殺する方が増えています。
本当の秒読みに入ったのかも知れません。

日経新聞

http://markets.nikkei.co.jp/news/economy/economyCh.cfm?id=eimi231515&date=20011115&ref=1
日本企業の信用力低下・クレジットデリバティブ市場、保険料率が急上昇
 日本企業の財務の健全性に対する投資家の見方が一段と厳しくなってきた。社債や貸出債権の信用リスクを売買するクレジットデリバティブ市場で、日本企業の債務不履行に備えた保険料率が急上昇している。新日本製鉄や富士銀行など主要企業で保険料率がこの1年間で2倍前後に上がった。金融危機が深刻化した1998年後半の水準に近付いている。

 クレジットデリバティブとは社債などの信用リスクを避けたい投資家が保険料を払い、保険料を受け取った別の投資家が元本の支払いを保証する仕組み。対象となる企業の信用力が下がると保険料率が上がる。

 東京市場ではモルガン・スタンレー証券やドイツ証券、JPモルガン証券など外資系金融機関が活発に値付けをしており、外国人投資家が取引の中心となっている。

さてそう言う状態でも、

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20011116CIII066616.html
日銀、金融政策の現状維持を賛成多数で決定
 日銀は16日、前日から2日間にわたって開催した政策委員会・金融政策決定会合で、当面の金融政策を現状維持とすることを賛成多数で決めた。「日銀当座預金残高が6兆円を上回ることを目標として、潤沢な資金供給を行う」との金融市場調節方針を継続する。

|

« いよいよ終末までの一走り、なのか日本の経済は | トップページ | 強い匿名面白い匿名ダメな匿名薄汚い匿名 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秒読みでしょうか日本経済:

« いよいよ終末までの一走り、なのか日本の経済は | トップページ | 強い匿名面白い匿名ダメな匿名薄汚い匿名 »