« 国家崩壊のときを控えて | トップページ | 本屋は最高。 »

2002年3月 1日 (金)

何度も言うけど着物を着たい


たとえばマサイ族にだってモダンリビングを好む権利はある、と主張することはまあ別段間違っちゃいないと思う。

そして同時に彼らのトラディショナルを守る権利がある。そこを間違ってはいけない。

たとえそれが、いわゆる資本主義的人権を損なうものであっても、である。

女性の権利、なんてのが最も勘ちがいされやすい。

資本主義と女性の権利の関係をもっときちんと考えるべきだ。

着物を着て生活したい。

それが出来ない身体になっている。

斎藤孝さんの本を読んで納得するところがあった。

|

« 国家崩壊のときを控えて | トップページ | 本屋は最高。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何度も言うけど着物を着たい:

« 国家崩壊のときを控えて | トップページ | 本屋は最高。 »