« 石原待望論の情けなさと恥ずかしさと | トップページ | 田中康夫知事のやろうとしていること »

2002年7月14日 (日)

世界のどこでもいいから


しっかり足を地に付けて暮らすこと。
それができなければ民族じゃない.
自分たちの言葉で森や湖や川と会話できること。
そうでなくてはふるさとなんかあるとはいえない。
どんな国でも、どんなまちでも、どんな田舎でも。
きちんとした人たちは、きちんと近づく。そこに暮らす人たちと、しっかりと会話する。喧嘩する。夢を見る。シェアしたり、奪ったり、絶望したりする。

世界のどこでもいいから、自分が親から受け継いできた誇りを大事に、しかしひけらかさずに持ちつづけ、愛して、愛されたら。
それが生き残れる、民族だ。

衆を頼まず、笑顔で乗り越え、間違ったことには異を唱え、夢や愛は裏切らない。
世界のどこでもいいから、そんな人々が生き残る隙間があるのなら。

もちろん、ぼくはそんな村には暮らせない。そんなにきちんとした人間じゃない。息が苦しくなってしまう。ただ暮らせない無明の餓鬼をも遠目にして、まだ許してくれる、そんな神であるのなら。

いや、どんな神でも願い下げだな、やっぱり。

|

« 石原待望論の情けなさと恥ずかしさと | トップページ | 田中康夫知事のやろうとしていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界のどこでもいいから:

» 世界最大の湖とは、、(^^ゞ [葛飾鉄筋不健康家族]
今夜はちょいとテンションが高いからかもしれぬが、昨日はかなりナイーブな見方をして しまったようだ。小泉氏訪朝がもらたすものは単なる与党のポイント稼ぎではすまなくなる 可能性が高い気がしてきた。金正日(脇道にそれるが、私は 「きんせいじつ」と日本読み する事 あ、ごぶさたしてました。そうですか、ヨットマン知り合いですか。明るいし純粋ですよねえ彼は。それにしてもやっぱりブログは作りやすいし読みやすいしでいいですね。 ではまた! [続きを読む]

受信: 2004年5月21日 (金) 01時54分

« 石原待望論の情けなさと恥ずかしさと | トップページ | 田中康夫知事のやろうとしていること »