« 支配者どもの政治の中で死んでいく | トップページ | アジア人としてのアイデンティティーに立ち帰ること »

2002年9月18日 (水)

体制が終わるとき


はっきりしたこと、は北朝鮮はもうもたない、ということだ。どういうふうにランディングするのか、という段階になったということだ。
そのランディングは、大きな混乱とともに来るだろう。いやもうずっと長いこと、そのランディングのための混乱が続いてきたのだ、といえるだろう。日本国内政治とは、少なくとも在日韓国人、在日朝鮮人社会を含みこんでいる。ということは本当は韓国、北朝鮮両国政治を含みこんで言る。そこに起きてきたこと、起きていることは、日本にダイレクトに関係しているのだ。そこをずっと誤魔化してきた。あるいは混乱を利用してきた勢力があったわけだ。
その体制のすべてに、終りの日が来る。ぼくはもう昨日からずっと全身にざらざらしたものを感じている。鑢にかけつづけられているという感じだ。ぼく自身もちろん、その体制の中にいる。何か不気味な生き物の哭き声が聞こえてくる気がする。
神浦さんから引用を二つ。
http://www.kamiura.com/new.html

引用

|

« 支配者どもの政治の中で死んでいく | トップページ | アジア人としてのアイデンティティーに立ち帰ること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/8311692

この記事へのトラックバック一覧です: 体制が終わるとき:

« 支配者どもの政治の中で死んでいく | トップページ | アジア人としてのアイデンティティーに立ち帰ること »