« 伝統芸能 | トップページ | 日本は変わる。 »

2002年12月29日 (日)

ジョン・レノン


ジョン・レノンの歌がよくコマーシャルなんかで使われている。なんかすごい違和感がある。パワートゥザビーポーなんて反権力ソングを企業が使っているのは異様だ。オールユーニードイズラブだってなんだか変な文脈で使われる。ウーマンしかり。
しかしこれはコマーシャルの問題だけじゃない気がする。ジョン・レノンの歌は、他人が歌ってもあんまり価値がないのだ。これ、ジョンの歌は音楽的にダメって言ってるわけじゃもちろんないよ。むしろぼくは異様なジョンオタだから、そう思ってしまうのだろう。

ジョン自身が歌ってこその歌、だと思う。もうそれだけで彫刻のような実体であって、そのレプリカがどんなにうまく作られても、レプリカにすぎない。

まあでも、もうジョンはいないし。歴史はそうやって流れて行くし。

|

« 伝統芸能 | トップページ | 日本は変わる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノン:

« 伝統芸能 | トップページ | 日本は変わる。 »