« 新しいことをはじめるということへの期待とわくわく感が人間には必要 | トップページ | 湯島 »

2004年7月 6日 (火)

テレビとはいったいなんだろうと考えてみる

ほぼ堀越千秋画伯「スペインうやむや日記」中「我らのテレビ」というエッセイが言い尽くしているように思う。キモの部分を引用する。

|

« 新しいことをはじめるということへの期待とわくわく感が人間には必要 | トップページ | 湯島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビとはいったいなんだろうと考えてみる:

« 新しいことをはじめるということへの期待とわくわく感が人間には必要 | トップページ | 湯島 »