« 39.5℃の日、神宮球場で五十嵐亮太の156キロストレートを見る | トップページ | 野口健さんからの暑中見舞のハガキを見て思う希望しての<懐かしい未来> »

2004年7月21日 (水)

関岡英之氏の「拒否できない日本」は再三再四必読の書。日本がこれから生き残っていくために。

040721-110951.jpg暑い。昨晩から今朝にかけて、ついに30℃をわらなかったらしいぞ。朝ソトコト編集部、某社の人からプレゼン。なるほど。それから作業していたら無性に空腹を覚えて玄米カレーのnagafuchiへ。うまい。暑い日にはやっぱりカレー、そして玄米。編集部にもどり仕事。午後、大橋マキさん編集の伊藤さんと大橋さんのソトコト新連載の打ち合わせ。面白くなりそう。単行本の打ち合わせも。これもいい本になりそう。夕方某所で「拒否できない日本」と「なんじ自身のために泣け」の関岡英之さんにインタビュー。同世代であり東京で育ち同じようなものを見てきたことがわかり意気投合、食事をしながら長く話をさせていただく。非常に刺激を受けた。こうした人に出会っていくことに運命を感じる。

|

« 39.5℃の日、神宮球場で五十嵐亮太の156キロストレートを見る | トップページ | 野口健さんからの暑中見舞のハガキを見て思う希望しての<懐かしい未来> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関岡英之氏の「拒否できない日本」は再三再四必読の書。日本がこれから生き残っていくために。:

« 39.5℃の日、神宮球場で五十嵐亮太の156キロストレートを見る | トップページ | 野口健さんからの暑中見舞のハガキを見て思う希望しての<懐かしい未来> »