« 世の中変わりつつある、農業もまた | トップページ | 人間の根源のところに届く表現を »

2005年12月 5日 (月)

最後の晩餐 牛肉、肉食について考える

昼、丸ビルの会議室でロハスクラブの「最後の晩餐」と名づけたイベント。アメリカからの牛肉輸入再開について、いろいろと考えるシンポジウム。坂本龍一さん、青山学院大学福岡伸一教授、田中康夫長野県知事、嵐山吉兆徳岡邦夫さん、東大助教授でNASA宇宙飛行士候補のセルカンさん、アートディレクターの長友啓典さん、虎ノ門総合法律事務所の大井典子弁護士、イタリアスローフード協会のジャコモ・モヨーリさん(遅刻されて写真撮影には間に合わず)そしてソトコト編集長小黒一三というメンバー。メディアの方もいろいろ来てくださった。ソトコトの1月5日発売号で月本がレポートしますので詳細はそちらを見てください。

自宅に戻り原稿書きの続き。

|

« 世の中変わりつつある、農業もまた | トップページ | 人間の根源のところに届く表現を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/8310392

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の晩餐 牛肉、肉食について考える:

» 吉兆【東京本店】 [Fuyuu Japan]
 ...   [続きを読む]

受信: 2005年12月 8日 (木) 16時48分

« 世の中変わりつつある、農業もまた | トップページ | 人間の根源のところに届く表現を »