« トルコでの広がりぶりはヒトーヒト感染か? | トップページ | 鳥インフルエンザ、21世紀の医学の行方を変える? »

2006年1月10日 (火)

地道な努力が結局勝つし。

事務的なことを片付けたりしてから原宿グリーンバード、ハセベケンさんと打ち合わせ。今年はソトコトの連載でこうやろうああやろうという話など。ハセベさんははじめてお会いしてから毎年が飛躍の年という感じで前に進んでいて、頭が下がる。地道な努力は見る見る実を結ぶもの。肝に銘じよう。その後青山近辺で打ち合わせ、トレーニング、広尾で打ち合わせ。
鶏フルのパンデミックはどうなっちゃうのだろうなあ? HSBC(香港上海銀行)が全行員の半数が罹患するおそれありとして欠勤するだろうことを想定した対抗策を公にしたようだが。WHOは、ヒトーヒトではないという判断らしいが。だとすると鶏ーヒト感染能力の異常に強いウイルスということか? それはそれでたいへんに鬱だなあ。

|

« トルコでの広がりぶりはヒトーヒト感染か? | トップページ | 鳥インフルエンザ、21世紀の医学の行方を変える? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/8310345

この記事へのトラックバック一覧です: 地道な努力が結局勝つし。:

« トルコでの広がりぶりはヒトーヒト感染か? | トップページ | 鳥インフルエンザ、21世紀の医学の行方を変える? »