« 面白い人たちに会えば元気になるよ。そして米国産牛肉ねたに笑うしかなし。 | トップページ | 花粉症みたいな症状に困惑 »

2006年1月21日 (土)

雪のなか人の生き死にについて考える

f0e4c07e.jpg朝から雪。午後早めに家を出て都内某所で大橋マキさんのラジオ番組収録。ゲストは東京女子医大助教授の川嶋朗先生、雪の中、ありがとうございました。大変面白いお話でした。人は自分自身ともっときちんと向き合った上で健康について考えるべきだということがとてもよくわかりました。死に方も自分で選ぶということ。そういう意味でも死因を疑われるというのは人として本当に悲しいことつらいこと悔しいことだろうと思う。自分で自分がコントロールできなくなる、ほどの大金、ビッグ・ビジネスは憧れというよりはやはり仇と考えた方がいいだろう。はやく仇にめぐり合いたい、とか冗談を言ってる場合じゃありません。雪は夜になって止み、アパートの入り口の階段に雪がやや積もっていたので妻と塵取りで雪かきの真似事。

|

« 面白い人たちに会えば元気になるよ。そして米国産牛肉ねたに笑うしかなし。 | トップページ | 花粉症みたいな症状に困惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/8310325

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のなか人の生き死にについて考える:

« 面白い人たちに会えば元気になるよ。そして米国産牛肉ねたに笑うしかなし。 | トップページ | 花粉症みたいな症状に困惑 »