« スプリンターズS | トップページ | 守備と個の力、バランスが取れているときは強い ヴェルディ、勝ち点四差の二位に浮上 »

2007年9月30日 (日)

残念ながらまだ対応力に問題有り 千葉に追いつけず

四連勝同士、順位も隣り合わせのジェフ千葉との対戦。雨は降り続けたが観客は熱かったし、客も盛り上がった。実にスリリングなゲーム。 ただ、千葉のスタメンのツートップが新居・巻であるのを見ていやな予感がしていた。ちょっといつもと変えてくるんじゃないか、 それに対応しきれないんじゃないかと。

この不安が当たるかたちで、前半はいいようにやられた。千葉にしてはロングボールが多く、真ん中をプレスでつぶすというよりは水野、 巻あたりをきっちりとマークして仕事をさせないことが必要だった。でもそういう風にはなかなかならず、その間に2失点。 というか2点で済んでよかった。後半には修正しようとし、途中から石川・栗澤をリチェーリ・鈴木規男に二人一度に変えた。 これで俄然よくなったのだが、新居に危ないところまで攻め込まれ、徳永がこれを止めるのにファールをもらってしまった。PK。 これは水野が落ち着いて決めた。3-0。

ところが東京は諦めない、むしろ千葉の足が止まってきた。新居を変えたのもありがたかった。今野が落ち着いて決めて一点、 福西がペナルティエリア内でファウルをもらいPKで二点。平山も入り超攻撃的となった東京は攻めまくるが、フィニッシュが決まらない。結局、 一点差負け。

残念無念。アマル・オシムのいうラグビーのようなフットボール、しかし見ていて面白く、負けたけれどそれほど落ち込まずに済んだ。 平山にますます期待が持てそうだし。

でもやっぱり梶山が居たらな、とも思ったよ。

|

« スプリンターズS | トップページ | 守備と個の力、バランスが取れているときは強い ヴェルディ、勝ち点四差の二位に浮上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/16638770

この記事へのトラックバック一覧です: 残念ながらまだ対応力に問題有り 千葉に追いつけず:

« スプリンターズS | トップページ | 守備と個の力、バランスが取れているときは強い ヴェルディ、勝ち点四差の二位に浮上 »