« ミャンマー軍発狂 | トップページ | スプリンターズS »

2007年9月29日 (土)

アルディージャ、やれることをきっちりとやる。

攻めてくるマリノスは、アルディージャにとって比較的やりやすい相手らしい。最近5試合負け無し。入りは大宮が攻めていったが、十分くらいでマリノスペースに。引いて守る方向性へ。ただ、前節に比べやる気は感じられた。特に、デニス・マルケスの出場停止で先発した吉原宏太は溌剌としたプレイで、目出っていた。ただ藤本主税が前半途中で交代(味方と交錯した際の怪我のような感じだった)したのは残念だったが、ここで交代で入った平野が後半15分過ぎ、吉原の右サイドからのアーリークロスに頭で合わせてゴール。いやあ良かったなあ平野。その十分後くらいに吉原が決め、二点のリード。こうなったら徹底的に守る大宮。マリノスもハーフナー・マイクを投入するなどして攻め立てるが、大宮が守りきる。大宮は今期五勝目。サポーターも大喜び。マリノスのサポは大ブーイング。

大宮、きっちりとやるべきことをやれば十分勝負になることを体感したのではないか。ちょっと中盤がボールを持ったときに出し処がない攻めてがない、といった様子になることが何度か見られたのが気になるが、逆にDFの西村などアイデアある攻めあがりを幾度か見せていた。まあそれは点に繋がらなかったけれど、いくつかの点を修正していけば、少なくともけっこう面白いサッカーはできる気がした。そうなればJ2でもNACK5スタジアムに客が呼べるさ(^_^;)

|

« ミャンマー軍発狂 | トップページ | スプリンターズS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/16613411

この記事へのトラックバック一覧です: アルディージャ、やれることをきっちりとやる。:

« ミャンマー軍発狂 | トップページ | スプリンターズS »