« 赤福と大相撲 | トップページ | 川崎フロンターレ、悪い流れを凌ぎきっての価値ある一勝 »

2007年10月19日 (金)

ジャイアンツの憂鬱

今日はテレビ観戦だった。のでより細かい問題点が目立った気がしました。

やはり一番の問題はベンチなのではないか。四回になぜ外野の前進守備にこだわったのか。普通に守っていれば一点もとられず、 木佐貫も代えなくてよかったんじゃないのか。継投策にしてもいろいろと疑問があった。 守備などが崩れかけたときにあまりにも無策な気がしたし。中日ベンチは落ち着いて見えた。まあ原監督と落合監督のキャラクター(と言うか顔) の差なのかもしれないけれどね。

ただ上原を出したのは愚の骨頂に思えた。豊田の調子が良かっただけに。 上原が抑えて九回の裏に士気が上がったとしてもそれで勝てると限らない。 むしろ上原が打たれたことによる士気の低下と明日以降の上原の使い方に大きな影響が出た。結果論ではなく、 あそこで上原が出る意味などほとんどない。

これで明日が恐ろしくきつくなってしまった。ただでさえ気持ちに動揺が見えるジャイアンツの面々。 勝たなくちゃいけないというカチコチ首脳陣に余計に虐めのような采配をされる可能性もあるし。頑張って欲しい。 せめて五戦目まで粘って欲しい。せっかくとれたチケット、払い戻すのはむなしすぎる。ほんとうは日本シリーズ東京ドームでやってほしいよ。 ダルをまったく打てない姿でもいいよ。日本シリーズに出るジャイアンツなんて久しぶりだし、今後もぼくの生きているあいだに何回あるか。

もっと覇気を出して欲しい。サッカー五輪代表みたいにU22じゃないんだからさ。谷や小笠原のごとき覇気を全員が出して欲しい。 というかベンチが出して欲しい。

あと、やっぱり阿部は捕手向きとは思えないなあ。コンバートして、誰かこれこそ捕手という人を育てて欲しいよ。

|

« 赤福と大相撲 | トップページ | 川崎フロンターレ、悪い流れを凌ぎきっての価値ある一勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24781/16816721

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツの憂鬱:

« 赤福と大相撲 | トップページ | 川崎フロンターレ、悪い流れを凌ぎきっての価値ある一勝 »