« 前半終了一対零 | トップページ | いかにも阿部らしいゴール、浦和の勝ちを決定づける »

2007年11月14日 (水)

後半がはじまる、セパハンは当然攻めてくる

後半 src=
"http://lunatic666.air-nifty.com/photos/uncategorized/2007/11/14/071114_202709.jpg"
border="0" />


後半からスリートップのセパハン。激しく攻めてきます。ときに決定的な場面もあり、浦和が万全に守っていたとはおもいません。ただ、
ボロボロな印象がなかったことに驚きました。もちろん足が止まったり、疲れを見せる選手はいましたけれど、
いままでJリーグ戦やACLの戦いの中で、
かなり疲れ切った悲壮な印象を受けたこともある選手たちが後半に入りむしろオーラのありようとしては溌剌としてきた、
勝ちの近さを知り信じて心が躍っている、そんな感じがしたのです。それがとても印象的でした。冷や冷やする猛攻の中、
でも浦和は自信に満ちた戦いを行っていました。

|

« 前半終了一対零 | トップページ | いかにも阿部らしいゴール、浦和の勝ちを決定づける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後半がはじまる、セパハンは当然攻めてくる:

« 前半終了一対零 | トップページ | いかにも阿部らしいゴール、浦和の勝ちを決定づける »